MENU

あれ、痛い?!マッサージの時に痛みを感じる原因とは

さあ、いよいよシミのない美肌を目指してシミウスホワイトニングリフトケアジェルでマッサージです。

 

…あれ?ちょっと痛い?そう、お顔のマッサージの時に痛いと感じることがあるのです。

 

せっかく張り切ってお手入れをしようとしているのに痛みがあっては気分が下がってっしまいますね。

 

それに何か肌が良くない状態なのかと不安もあるでしょう。

 

痛い時って、お肌になにが起こっているのでしょうか。

 

まず考えられるのは「顔凝り」です。

 

えっ、顔も凝るの?!とびっくりされるかもしれませんが、顔も凝るのです。

 

仕組みは肩凝りなどと同じく、血行が悪くて筋肉が硬くなってしまっていること。

 

押すと「痛気持ちいい」感じだったり、ちょっと硬く凝り固まったようなものを指先に感じたら「顔凝り」です。

 

長い間のデスクワークやスマホ、不規則な生活など、凝る原因は身に覚えがある人が大半なのでは?この場合は毎日優しくマッサージを続けてみてください。

 

力が強すぎるとシワやたるみやシワの原因となってしまうので、優しく滑るようにマッサージするのが重要です。

 

それによって少しづつですが凝りは改善されていきます。

 

だんだんお肌が温かくなって血行が良くなってくるのが実感できるかと思います。

 

すぐに凝りが解消というわけにはいきませんが、継続することで痛みも軽減されていきます。

 

そしてもう一つ、痛みの原因として考えられるのは「顔と指とが擦れて痛い」「マッサージの力を入れすぎている」という場合です。

 

これはこのまま続けているとお肌を傷めてしまいます。

 

もったいないからとジェルをケチって少ししか使わないと、肌と指の間に摩擦が起きて擦れてしまい痛みを感じます。

 

ジェルはマッサージの際、潤滑油の役割も果たしますので「お手入れガイド」を参考に適当な量を使うことが大切です。

 

乾燥肌が気になる人は通常より擦れることが多いので、少し多めのジェルを使うようにするとより安心です。

 

力加減に関しては「顔凝り」の時と同様ですが、優しく優しく、顔を包むようにマッサージしてみてください。

 

強い力になれていると物足りないと思うかもしれませんが、お肌はとてもデリケートだということを忘れずに。

 

さあ、痛みの原因はお分かりになりましたか?以上を踏まえたお手入れで、美肌に一歩近づきましょう。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ